気ままにBL鑑賞

主に文学BLや耽美を好んでますが、最近はいろんなBLに首つっこみ中!

ドラマ『きのう何食べた?』を筆頭に、非腐への布教成功の秘訣を考察

かつて川端先生と清野ちゃんの純愛を軽くディスり、

二丁目にいる方々をキ〇〇〇イと言い放った全BL界の敵、第六天の魔王の中の魔王な我が父。

 

「お父さんの好きな作家みいんなBL小説書いとるぞー!お父さんが好きな五木寛之さんだって寂聴さんだってBLいいよねってなことを昔言ってたぞ!!」と言いまくってバトルしました...( = =) トオイメ

 

ですが、いろいろとBLを見せまくったことで(こっちもこっちで鬼畜?)

「いろんな恋がある」

「恋する人がいても、恋愛感情を持たない人がいても、色々いていい」ってなことを言うようになりました。

 

金子みすゞの心境…?

 

ともかく、ノンケおじさんの変化にしては凄いほうではないでしょうか?

それを決定づけたBL作品が「何食べ」こと、「きのう何食べた?」でした。

 

ソース画像を表示

引用:シネマサンライズ「劇場版 きのう何食べた?」の上映時間(日立市) - 映画.com

 

アラフォーゲイさんのほっこりした日常が丁寧に描かれており、見た後心が温かくなります。

特に、主婦感あふれる主人公シロさん(演・西島秀俊)の作る節約ご飯は、マネしたくなるうえに、見ていてお腹がすきます…

 

なにか大事件が起こるわけでもない穏やかな日常なのですが、彼氏のケンジ(演・内野聖陽)との優しい関係性に、ひたすら和んだり考えさせられたりする、いい意味で大人のドラマですね。

 

内野さんのゴッツイ乙女ぶりが、ただただ可愛かった…

 

父は「『お正月スペシャル』を借りるか!」と全話見終わったあと、意気揚々と提案。

 

「良い話だ」と満足しつつ(←一応最大の賛辞)、BLの考察など、それまでしもしなかったのにいきなりおっぱじめたりしていました。

 

というわけで、色々見せた結果、父がどういうドラマならOKなのかが判明。

整理してみました。

家人(特におっさん)に見せようとしている勇者はご参考までに😆

 

 

ポイント① シモのシーンがない

 

これがあると、アウトです。

さらに付け加えると、恋心や信頼など、割と普遍性のある感情ならともかく、性的な感情全面ではじまるストーリーはだめでした。

 

なので、その点で父の反応がダメだったBLは、

『ブロークバックマウンテン』ブエノスアイレス『日出づる処の天子』

(後半のエミシとフツ姫への嫉妬シーンで脱落笑)

風と木の詩に至っては、母にも拒否されて終了。

 

ブロークバック、このシーンで我が家の空気が凍りました。

ソース画像を表示

引用:Love is ........ | Ennis & Jack in Brokeback Mountain | Roland Deuber | Flickr

 

いずれも腐女子的には押さえておきたい名作ですが、男のエロスはノンケおじさんには通じません!!!!

という現実を思い知りました。

 

 

ポイント② 男に恋心がない以上、美少年で攻めても通じない

 

また、クラシック音楽好きな父に見せた『ベニスに死す』。

絶世の美少年も、ノンケおじさんにかかれば人形みたいな子扱いなビョルン様↓

ソース画像を表示

引用:ベニスに死す 映画の画像24点|完全無料画像検索のプリ画像💓byGMO

 

父くらいのおじさんがひたすら美少年を目で追うというストーリーについていけず、

ただただおじさんの死を悼んで終了しました。

 

また、可愛すぎるキュンキュンドラマ『消えた初恋』はなぜか深夜に一人で視聴したようですが、

「なんか女みたいな子だな」という謎感想のままフェードアウト。

 

あと、みんな大好き「2gether」

ソース画像を表示

可愛い!綺麗!

開始15分で父、爆睡。

本格的に見せたわけではないので、また再トライすれば違うのでしょうが、ああいう美形同士のキャッキャウフフ✨はおじさんにはキツイかもです。

 

というわけで、父が好きになるドラマのキーワードは「おっさん」です。

 

その代表例が、おっさんずラブ

ソース画像を表示

引用:https://alchembook.com/ossanslove-2/

 

おっさんがおっさんずラブにはまるという事件が去年発生しました。

なぜあの父がハマったのか?というと、やはり

 

・あのシーンがない

・ほぼ完全にコメディーに振り切っている

・もはや男子高校生みたいな初々しい感情は忘れたが、おっさんの気持ちなら感情移入しやすい

 

のではないでしょうか?

おっさんずラブの力はすさまじく、一気に「不動産編」「空港編」「劇場版」が我が家で放映されました。

 

しかも、母より父の方がハマってました。(母は消え恋派)

 

例外的に、『his』は高校生恋愛でも「良い話」認定でした。

ソース画像を表示

引用:スタッフの裏話 | his ~恋するつもりなんてなかった~ - 名古屋テレビ【メ~テレ】

 

キスなし・一話が短いとのことで、気軽に見やすかったようです。映画版も感動できたと好評でした!

 

 

ポイント③ 家族の絆が入ってくると、パーフェクト

 

ゲイをも含んだヒューマンドラマというテイストだと、すごく見てくれます。

例えば、『LOVE サイモン』

あと、完全BLじゃないのですが、『グリーンブック』

グリーンブック に対する画像結果

引用:グリーンブック - Bing

気の荒い男と上品な黒人ピアニストとの友情が、BL関係ないですが素晴らしいお話でした。

 

また、社会派ゲイ映画として名高い『MILK』

アメリカ初の選挙当選を果たし、凶弾に倒れた英雄、ハーヴィー・ミルクの伝記映画です。

ソース画像を表示

引用:映画『ミルク』オフィシャルサイト|音楽・映画・本・出版|WEBデザイン WEBサイトのリンク集・デザイン集 | YSIG

 

これも意外と見てくれたので、BL的な胸キュンを前面に出していないと、ゲイテイスト満載でも見やすいのではないでしょうか。

 

私には姉もいるのですが、無自覚にBLをバカにする癖のある第六天魔物女子で、私がBLを見るたびけなすの常でした。

(ネガ情報は伝えたくないので、いままでヤツのことは伏していましたが…)

 

でも、何食べを見て、姉は言いました。

「男同士の恋って、応援したくなるね」

 

マジですかーーーーー!!!

 

姉をも降した何食べ、全世界にお勧めです!

 

まとめ 非腐女子・男子へのBL布教法

 

やはり、見せる人選は大事だと思いますが、BL要素が低めなものをチョイスするのが鉄則かと思われます。

 

あと、特に男性に見せるときは、胸キュンよりストーリーの面白さ、敷居の低さのある作品(特にコメディーがおすすめ)が見てくれやすいです。

 

男性同士が真剣に見つめ合うような耽美物は、まだなかなか見てもらえません~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

幻のBLシリーズ②名作ドラマ・『同窓会』

おっさんずラブ」「チェリまほ」「消えた初恋」「美しい彼」、そしてタイBLなどなど…

 

アジアを中心にBLドラマが量産されておりますが、そんなブームなど影も形もなかった1993年。

きっと差別もひどかった。

 

そんなさなか、思いっきり民放で放送されていた幻のBLドラマがありました。

そう、『同窓会』です。

 

美青年×美少年の禁断の恋、そして今のBLすら描くことをためらっている新宿二丁目をガツンと描いた色褪せない名作です。

 

 

↓これが通常運転のドラマです(笑)

ソース画像を表示

引用:https://girlschannel.net/topics/1431744/

 

ジェットコースターのような展開に、練りこまれた脚本、そして濃厚にただよう『バスタオル』実写版としか思えない色気…いろんな意味で目が離せません!

 

作者の先生BL文学とか好きなのかな?と思う位文学BL腐女子のツボを押さえています。

 

ただしR18かつ激しい感じなので見る人を選びますが、HSPな家人も耐えられたので、安全は保障します(笑)

 

個人的に大好きな作品なのですが、BLブームな最近ですらほとんど触れている方がいない( ;∀;)

というわけで、ここで萌えを語ろうと思います!!

 

『同窓会』のあらすじ

 

長いので、Wikipediaを参考にしつつはしょってお届けします。

 

高校の同級生だった折原七月と、同性愛者であることを隠している安藤風馬

風馬は、自分がゲイであることを受け入れられず、高校時代からの親友で密かに想いを寄せていた中康介への気持ちを隠したまま、七月に結婚を申し込む。

中、と書いてアタリと読みます。

 

f:id:KONTA:20180130200333j:plain

こちら風馬。(演・西村和彦とにかくまじめで思いつめやすいイケメン。

公務員の父と母を大事にしているエリート・良き一人息子ですが、そのせいでゲイということを必死に隠しています。

なので、この年まで二丁目など行ったことも見たこともないという清純派でした。

今は筋肉ムキムキなのに、ちっちゃい頃は虚弱体質かつ数学とクラシック音楽を嗜む美青年という設定が何気に気に入ってます。

 

f:id:Omochiyama-teizi:20220119185930p:plain

こちらは七月。(演・斉藤由貴)静かな強さと儚さを持った美女です。つらい過去を風馬と乗り越えていくうちに、風馬を愛するように。

偽装結婚とはいえ、次第に深まる恋心に苦しみます。

BLあるあるの当て馬女子などではなく、きちんと存在意義のある女性に見えました。

f:id:Omochiyama-teizi:20220119191131p:plain

そして台風の目ともいえる男・アタリ。(演・高嶋政宏)こちらもエリート銀行員ですが、バブル崩壊で苦労しているというリアルな設定。(ノンケ)

体育会系の元気な性格で、そんなガサツでからっとしたところが風馬のときめきを誘います。

こんなことを無意識でする罪な男!!!↓↓

f:id:Omochiyama-teizi:20220119191303p:plain

引用:井沢満 同窓会 VHSビデオ 特典映像 - Kontaの歓びの毒牙 (hatenablog.com)

   【1993日劇】同窗會 全十話 EP01 - YouTube

 

今以上に情報のない時代。

七月と結婚すれば異性愛者になれるかもしれないと思った風馬は、結婚指輪を携えて彼女のもとへ行くシーンから物語は始まります。

 

しかしその前に康介への恋心を断ち切るためと、同性愛の世界を覗いてみたいという気の迷いから、新宿二丁目で声をかけてきたバイセクシャルの少年・と関係を持ってしまう。

 

一見するとただのトレンディドラマっぽい面々ですが、美少年・嵐くん(17)の登場によって話のトーンは激変です。

このときの山口くん(中の俳優さん)は人生が変になりそうなくらい魅力的な美少年でした…↓↓

引用:ドラマ 同窓会 西村和彦と山口達也と高嶋政宏のめくるめく愛の世界 | [ridiaの書評]こんな本を読んだ。[読書感想文] (ameblo.jp)

 

一夜だけの関係と割り切ろうとする風馬ですが、今まで遊びの関係しか知らなかった嵐の方は、風馬に初めて真剣に恋

「風馬さん💖」とすがりつく嵐の破壊力が、映像なのでよりヤバイです。

普段は明るい高校生男子の嵐が、風馬の前だと子犬になるのが私の性癖に刺さりました。

すれっからしに見えて、一途きわまりない嵐がとかく可愛いです。

七月に「ウサギ」と形容される風馬も、もちろん可愛いです。

 

さて、単なるエリートサラリーマンだった風馬。

彼は世間を欺くことを選ぶのか、嵐を愛しぬくのか。というか七月とアタリをどうする?!

風馬は結局誰を選ぶんだい!

衝撃の結末ですが、なるべくしてなる怒涛の展開に、見終わった後しばらく放心していました。

 

全話レビューすると大変なことになるので、萌えポイントを抽出してお届けします。

 

ポイント① ふつうにベッドシーンが出てくる(しかも男限定)

 

変態じみていてスイマセン。

 

今の日本のBLドラマって、基本的に布団は出てきませんよね?

『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』というタイトルのチェリまほすら、ベッドシーンはナシでした。

 

しかし、同窓会は一話に一回はあります。

しかも美しいです。全然キタナクはないです。

一話目にして、これ↓↓

f:id:Masa-Oka:20180426213551j:plain

引用:その昔、僕は山口達也に嫉妬した - ゲイひとり大地を行く (hatenablog.com)

 

みてください、この格好で「これでわかる代数・幾何」を勉強する17歳の破壊力。

f:id:Omochiyama-teizi:20220119194710p:plain

f:id:Omochiyama-teizi:20220119195426p:plain

こんなおのこに抱き着かれた日にゃ、イケメンもこうなりますわ↓↓

f:id:Omochiyama-teizi:20220119195113p:plain

いっちゃってる!の目

 

もはや以下は写真集です。

嵐くんを突き飛ばしてことに及ぶ風馬↓↓ 

初回こそ受けだったかも?ですが、攻め気質が3話あたりから開花していきます。

f:id:Omochiyama-teizi:20220119195757p:plain

嵐だけ裸というヤバス。

f:id:Omochiyama-teizi:20220119200516p:plain

f:id:Omochiyama-teizi:20220119204228p:plain

古の腐女子へのサービスとしか思えない時代劇パロ。

f:id:Omochiyama-teizi:20220119200642p:plain

と、そんなこんなで美青年と美少年のまぐわいが見まくれてしまうところは、今の日本のBLドラマ(地上波)ではない展開ではないでしょうか。

まさかの「達したシーン」とか「アタリ×風馬」もあるという出血大サービスです。

風馬の受け感ハンパなし

 

今ご紹介した以外にも大量にあるので、目の保養になること間違いなしです。

でも、ただエ〇を追求したドラマでは決してないので、そのへんは名作と迷作の違いだと思いますね~

 

ポイント② セリフがやばい

 

デビューしたての初々しいジャニタレの国分さんも出演していたこのドラマ。

彼の第一声はこれです。

https://up.gc-img.net/post_img/2017/11/vhBXbOVVwg2NaDl_nymSI_52.jpeg

引用:https://girlschannel.net/topics/1431744/

 

え?みたいな。

二丁目を住処とする、綺麗でかっこいいけれどもどこかすさんだ少年たちを表しているのでしょうが、けっこう「ぷっ」となるセリフが多いです。

国分さんは嵐の親友という設定で、女の子が入った美少年なのですが…

ソース画像を表示

引用:https://ameblo.jp/dansou-club/entry-12284960699.html

同性婚までしちゃう時代先取りドラマです。

(しかもジャニタレ。消え恋の前奏曲?)

 

あと、嵐を我が物にした風馬が急に旦那感を出してきたうえに、

「こいつは俺のイロ」と紹介していたのに(爆)

 

イロ(愛人)ってヤクザですかあんた!

 

しかもイロ、高校生って!と突っ込みたくなりますが、『バスタオル』で慣れた身としてはどうってことありません(オイオイ)

 

上記のような(笑)なセリフも多々ありますが、哲学的というか、思わず考えさせられるセリフもあって、好きですよ。

 

ポイント③ ドラマのクオリティが高い

 

まあ、それに尽きますよね…

今どきのキラキラしたBLドラマもかわいくて良いですが、こういう旧制中学BL・文学BLの延長線上みたいなとがったBLもあっていいんじゃと思います。

 

飽きさせない構成と、ずっと張り詰めたような緊迫感、メッセージ性が好きでした。

やりすぎかな、というのはちょっとありますが、嵐の可愛さに免じて許せます(誰目線)

あと、唯子と七月という主要女子キャラがいるのですが、無駄遣いしていないところもよかったですね。

 

風馬の恩師の幣原先生(かわいいおじいちゃん)など、和みのシーンも忘れないのがありがたかったです。

まあ、風馬と嵐の激しい恋に全部持っていかれますが…

 

大人のガチの初恋と、少年の色々あった末での「初恋」は一見いびつですが、まぎれもなく純愛でした。

 

脚本家の方は男性(多分ノンケ)ですが、よくここまで胸キュンドラマにできるなというくらいドキドキしっぱなしでした!

日劇 同窓会」で検索するとYouTubeで全話見れますので、お暇な方はぜひ!!

 

追記:

 

昔発売されていたビデオの裏側映像をのせていたブログ様がありました。

 

BL売り(という名のファンサービス)はタイではよくありますが、日本ではほぼ見かけないですねえ…

むしろ、「あくまでノンケアピール」する俳優さんも…

 

当たり前と言えばそうですが、でも、同性婚まで先どっちゃう同窓会はやります!

 

f:id:KONTA:20180130201721j:plain

レポーター:「なんか西村さん、高嶋さんを好きになっちゃった?」

西村:(笑)

高嶋:「俺もね、昨日河口湖でちょっと、ロケやってたんですけど、昨日ずっと二人でね、二人っきりだったんですけどね、なんか…好きになっちゃって…。」(笑)

西村:「番組が終わるころには、あの…熱愛宣言が出来るかもしれませんね…。」

レポーター:「芸(ゲイ?)能界初ですね。」

引用:井沢満 同窓会 VHSビデオ 特典映像 - Kontaの歓びの毒牙 (hatenablog.com)

 

ファンサということを知っていても歓喜してしまう腐女子なのでした。

 

あと、聖地巡礼?も起こったそうです。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/K/KONTA/20180130/20180130202413.jpg

引用:井沢満 同窓会 VHSビデオ 特典映像 - Kontaの歓びの毒牙 (hatenablog.com)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

石原慎太郎絶賛!!幻の芥川賞候補BL『バスタオル』

福島次郎先生祭り第2弾、『バスタオル』です。

f:id:Omochiyama-teizi:20220118125757p:plain

引用:https://woman.mynavi.jp/article/141115-64/

 

福島先生が、まさかの自分の生徒とBL関係にあったことは前回の記事で触れましたが、実はそれを書いている小説が芥川賞候補にまでなっていました。

 

とにかく切なくて、それでいてムラっと来るお話でした(笑)

 

旧制中学BLと、現在のゲイ文学との境にある時代(50年代)を舞台にしているせいか、歴史的な価値さえ感じられます。

 

ですが、全編を通じてR18的内容になっていますので、苦手な方は回れ右をお願いします<( _ _ )>

 

 

 

私がこの小説に興味を持ったきっかけは、LGBT批判発言で波紋を呼んだ石原慎太郎東京都知事が、ものすごくこの小説を「推していた」ことです。

 

BLが苦手なひとが推したくなるって、そうとういい感じなのでは?と期待しつつ読んだところ…

がっつりBLで腐女子、大歓喜

 

てか、石原さんよく読めたな…と逆にびっくりするほどあんなことやこんなことが盛りだくさん!

主人公の目線になってウハウハしてしまうこと請け合い?ですよ。

 

では、ネタバレ感想に参りたいと思います。

 

川端先生と清野少年が先生と生徒だったら、を思わせる展開

 

少年を読んだことがない方からすると、「へ?」なタイトルですが、本当にそんな感じのお話です。

 

性愛的に始まり、心がつながっていくのですが、少年の成長によってお別れする…そんなストーリーです。

(別れないでくれやと思いがちな腐女子はおり)

 

舞台は、1955年ごろの熊本県八代。

↓モデルの学校

ソース画像を表示

引用:熊本県立八代工業高等学校 | 学校見学サイトプチキャン

 

主人公は、兵藤靖明という25歳くらいの、国語教師の青年です。

見た目の描写はないのですが、福島先生がモデルと考えると、かなり背の高い、男らしくてどこか呑気な感じのするビジュアルだと思います。

 

そんな兵藤のもとに、毎晩通ってくる工業高校の教え子、墨田敏彦

花も恥じらう17歳です(笑)

色白・唇が珊瑚色というかなりの美少年ですが、かわいい感じではなく、整った少年といった感じでしょうか。

私的には、俳優の山本耕史さんの若かりし頃っぽいビジュアルが浮かびました。

筋肉質な設定も、山本さんを思わせます。

↓目がうつろなのしかなくてスイマセン(;'∀')10代とおぼしき写真を引っ張ってきました

ソース画像を表示

引用:山本耕史の俳優人生を振り返り代表作もご紹介!イクメンな一面も | 芸能ニュース・画像・まとめ・現在

 

 

墨田は複雑な家庭事情を持つ少年で、毎日遅くまでアルバイト励んでいました。

そして過労でばったりと保健室で倒れていたところから、主人公との出会いが始まります。

自らもひどい少年時代を送ってきた兵藤は、墨田に同情していました。

 

墨田は、基本的に無口というか、あまり自分からしゃべりません。

でもクールというわけではなく、ちょっと不器用な感じです。

そんな墨田、どうやら兵藤に親しみを感じているらしく、兵藤を見かけると、にっこり微笑むのです。

 

意図は、めちゃくちゃ不明です。

でも、すごく素直で可愛い好意というか、恋愛なのかはわからないけれど、とにかく慕っている、そんな明るくも恥ずかし気な笑顔なのでした。

清野→川端を思わせる展開です。(川端先生って途中まで清野くんに興味なかったですよね?!)

 

多分、兵藤の少年時代の話を聞いたことがあり、自分に重ね合わせていたのではないでしょうか?

 

二人が急接近したのは、アルバイトの帰り、ふらふらになっている墨田に夜の帰り道に出会った日のことでした。

この時点で、下心はない主人公(笑)

 

けれど、あまりにいつも墨田が遠い実家とバイト先を往復しながらへとへとになっているので、帰るのが大変だと思った日は自分の下宿先に泊まればいいと言います。

 

この時点で、フラグが立ちました。

男二人が同じ部屋で寝泊まりすると、BLでは何が起こるか、皆さんはもうご存じのはずです。

↓↓こうなります!!!↓↓

ソース画像を表示

引用:https://www.land.se/halsa/5-kvallsrutiner-som-raddar-karleken/

 

もちろん、兵藤にだって罪悪感はありました。

 

寝ている墨田にキスしてしまってからというもの、兵藤は墨田を遠ざけます。

ですが、無邪気に泊まりに来る墨田。

そしてとうとう、とうとう…

 

墨田がキスに応じるのです!!ものすごく震えながらも、自分の意志で応じてくる墨田が萌えです!やっぱ好きなのか?

 

墨田は兵藤より背が高いうえに空手部というさらなる萌え設定があり、しかもきびきび部活に打ち込んでいる模様。兵藤の前だけでは甘えたそぶりを見せるという情報まで追加されます。

 

兵藤は白紙の状態である墨田にいけないことをしたと絶望に近い気持ちを抱きますが、また彼は懲りずに泊まりに来ます。

 

兵藤先生のアパート=ラ〇ホテル(笑)しかも朝食付き(笑)

覗きたいと思った悪の腐女子がここにいます。

 

これ、墨田くんって絶対兵藤先生のこと好きだよね?としか思えない展開です。が、いかんせん心のうちは不明のまま。

飛んで火にいる夏の虫と化した墨田は、兵藤の手であれやこれやされてしまいます。

(INはしていません。あれやこれやで墨田が一方的に…という感じです)

 

描写が、すっごく生々しいです。墨田の少年らしい羞恥と凄艶な感じが、ガンガン伝わってきてヤバスです。

でもこの後もっとすごいのが待ってます!(⌒▽⌒)アハハ!

描写が濃ゆいので、読んでいて腐女子は満足できると思います。

レベル的には、草の花<燃ゆる頬<少年<バスタオルって感じです( •̀ .̫ •́ )✧

 

翌朝、恥ずかしがって丹前を頭からひっかぶる墨田がとにかく可愛かったです。

でも、嬉しそうなのはやっぱ好きだからか??

 

あ、BLばかり追っていて書いていませんでしたが、学園祭的な描写とか、きちんと学校生活の様子も描かれていますよ。

 

ようやくセリフらしいセリフが出てくる墨田

 

ここまで書いておいてアレなのですが、墨田はなんと何回も兵藤と共に素〇しているにも関わらず、ほぼセリフがなかったんですよ!

でも中盤あたりでとうとう墨田のリアルな人格が現れだします。

 

実際、どんな子かというと、言いたいことをはっきりという子でした。

 

先生とあんなことやこんなことをするときは可愛いけれど、口を開くと憎まれ坊主というか、そこまでは行かずともツンデレなところが良いです。

でも計算づくのツンデレじゃなくて、最大に無邪気なのが激カワです。

 

今夜こないか、と言われて、「さあ、どうだか」と答えるのが「来る」という意味とかもろツンデレ

それでいて口癖が「先生に迷惑かける」なのもしおらしくて良き!!

 

本当の恋心に変わる瞬間

 

秘密を共有して、逢ってはことを行うだけの二人でしたが、とうとうその関係は恋らしい恋に変わっていきます。

 

学校でも愛があふれ出ちゃう墨田が可愛いったらありません。

いたずらっぽい声を上げながら、後ろから抱き着いてきたりして、兵藤を逆に混乱させちゃうんですよ~(墨田の方が背が高いからできること笑)

 

星空デート?や日々の語らいを通じて心が近づいていくとともに、二人はお互いを放したくないと思うようになります。

 

嫉妬シーンも可愛いです。

 

墨田が女子高生と話しているのを見て、兵藤はショックを受けます。そして墨田に「枯葉」というシャンソンを自室で聴かせながら、悲しい想いに浸ります。

(真っ黒だと読みにくいので、色を付けました)

 

「ね、これ、いいだろう」と兵藤が言うと、墨田も、「あ、ほんとだ、ものすごくいい」と答えながら、曲半ばで、たまらなそうに仰向けに倒れ、

「ああ、こんな曲きくと胸が苦しくなる……ああ、なんだろう、この気持」と眼を閉じ、肩をすくめ、両手で胸をかきむしる格好をする。

兵藤はそれをみて、今、墨田の脳裏には、あの女の子が浮かんでいるのだと思い込む。

曲が終わったあと、急に不機嫌になった兵藤に、墨田は戸惑いながら「先生、どうして、急にそんな悲しい顔するの」と聞く。

(168頁)

 

兵藤センセイ、大人げナッシング。

でも、相手が女だと、BL界は別の意味で崩壊しますからねえ。

ただし、墨田だって先生が大好きですから、プンスカするときはします。

 

ある夜、かなり遅い時刻に兵藤は、八代駅から同じ市内のH高校の若い女教師と二人で話しながら歩いたことがあった。

(中略)

それを、アルバイト先の映画館の二階の小窓から偶然にも墨田は見ていたらしい。

後日、何度となく

「先生、もの凄く話に熱中していて、たのしそうで、ぼくがいるかなという風に映画館をみてくれるかと思っていたら、全くみもしなかったじゃないですか」とか

「先生もお嫁さんの候補みつけたみたいな顔をしているから、ぼくも将来のお嫁さんの候補探そうっと!」とか、皮肉っぽく言い放ったりした。

(170頁)

 

そんなカワユスな墨田も、兵藤を愛しているからこそ、自分の家の事情を打ち明けます。

 

9歳のころ母を亡くしたこと、父が倒産した上に寝た切りであること、兄夫婦に世話になっているが、義理の姉から不当な扱いを受けていること、(墨田の弁当だけショボい)早く兄の家を出て県外に就職したいと思っていること……

強気な墨田も、とうとう泣き出してしまいます。

慰める兵藤と墨田の間には、確かな絆があったのでした。

 

けれど、そんなぬくぬくLOVE関係も、墨田の就職で断ち切れてしまいます。

 

二人の関係は「愛」だったのか

 

墨田は八代を去る間際、「御恩は忘れません」という言葉だけで兵藤の前から姿を消しました。

 

本気で墨田に恋をしていた兵藤は、二人の関係はそんなものではないと思います。

自分の一方的な思いで、墨田は自分のことを心の中で距離を置いていたのだと感じたのです。

 

墨田から見れば、女性と本格的な恋愛をする前の、「疑似恋愛」だった、と言えるかもしれません。

 

心身ともに置き去りにされた兵藤は、どん底モードに。

墨田を追い求めて、彼がいる墨田の姉の家(北九州)まで行きます。

そこは、朝鮮半島からやって来た人々がすまう集落でした。

今以上に差別があった時代、暗いムードの集落。

 

明言はされていませんが、墨田ももしかしたら……という推測はぬぐえません。

 

しかし、恋する青年・兵藤にはそんなことはどうでもいい!

俺は墨田に逢いたいんだーーー!!!の一心で突撃!

 

墨田をかっさらうようにして、博多小旅行へ出かけていきます。

それはまるで、果たされない二人の新婚旅行でした。

一生懸命安宿を探す二人の間には、あたたかい空気が立ち込めています。

 

兵藤は墨田がそっけない態度で去っていった理由をここで知ります。

墨田は、兵藤に避けられたと思っていたのです。

兵藤が墨田の就職を熱心に指導したりしていたがためもあると思いますが、心のどこかで、「この恋は報われない。先生も離れた方が良いと思っている」と感じていたのです。

 

それって結局、兵藤と同じことを考えていたんじゃないのかYO!!!

 

二人は最後の一晩を共にし、愛を交わすのでした。腐女子満足の展開です。

 

もう二度と会えないと思いつつ、二人は街を散策します。

今でいう「るるぶ」的なものをみながら、「いつか阿蘇に行こう」「高千穂もいいな」などと言いつつ……

もう無理なのに、計画を立て合って笑う二人に涙腺崩壊です。

 

雨の中、急に自分の傘を閉じて、墨田が腕を絡ませてきます。

兵藤は昔のように振りほどかず、衆人がガン見するがままに任せます。

イメージ画です↓

ソース画像を表示

引用:http://jp.mp4jpg.work/%E3%82%B2%E3%82%A4/pic2.html

 

最後のデートをかみしめるように時は流れ、汽車に乗って墨田は兵藤の前から去りました。

「ぼくも新婚旅行のときは、この二日市に来よう。先生のことを思い出すために……」との言葉を残して。

 

家に帰った兵藤は、性行為の際にOUT(芥川流伏字)したものを拭うのに使っていたバスタオルを洗濯します。

 

そして思うのです。男女の恋ならば、結婚して子が生まれる。それは創造的な行為だ。しかし、自分と墨田の間にあったものは、何もなしえていない行為なのでは、と。

 

けれども、兵藤は自分の生き方を信じたい、と思い直すのでした……

(完)

 

私の感想~二人を結婚させてあげてや!!

 

これに尽きますよもう。誰に頼めばいいかわかりませんが(泣)

最後自虐気味になっている兵藤ですが、今ならもっと違う感じ方があったのでしょうか?

 

性愛チックにはじまった二人の恋。でも、最後は「御恩」という清野少年が多用していた文言では収まらなくなっていったあたり、本当の恋だった気がします。

ほぼ兵藤目線の話ですが、墨田目線を妄想しても楽しいです(笑)

 

むちゃくちゃ可愛いし切ないので、ぜひご一読を!!

 

最後に、「枯葉」のギターソロをご紹介して終わりたいと思います。

エモーションの効いたいい曲ですよ!

 

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三島由紀夫に愛された青年の一代記!福島次郎『三島由紀夫 剣と寒紅』

今回は、三島由紀夫先生のリアルネタです!

 

三島先生が生涯こだわった殉教者・聖セバスチャンの絵↓↓

ソース画像を表示

引用:Pin de miou en Sebastianus | Museo de zaragoza, Viejitos, La abadia

 

タイトルは三島由紀夫 剣と寒紅』ですが、あくまでも作者である福島次郎先生の自伝的作品であり、三島先生と過ごした日々を回想したものとなっております。

 

三島先生の彼氏の記録とか、その手のネタは歴史から抹消されがちなのでとても貴重です。

 

作者の福島次郎さんについて手短に紹介しますと、福島さんは熊本出身の方で、長らく高校教師をしながら作家活動をされていました。

生粋の同性愛者であり、そのような作品を数多く残しています。(というか作品はほとんどBLという素晴らしい作家さんです笑)

残念ながらすでに故人ですが、その濃密なBL描写はもっと評価されていいのではと思います。

 

肝心の内容ですが、一応「小説」なのでどこからどこまでが真実かはわかりません。一時は三島先生の元カレ現る!!!嘘か真か?!と騒ぎになったこともあったようですが、このお話の本当の主題は、「偉大な作家に出会ってしまった平凡な青年の人生」にあり、そこに面白さがあると思うんです。

 

偉大な人物のそばにいた人、しかもその人の闇の部分を深く見ちゃった人って、歴史から消されがちですよね。だからこそ、そういう記録が大事なんですけど、どうにも叩かれがち…

 

出版後もこの本をめぐって裁判があったり、瀬戸内寂聴先生にくみくそ言われたり大変だったようで、その顛末はWikipediaに記されています。

で、読んだ感想なのですが、「いや、そこまで叩くほどか?」

というのが素直な感想でした。

 

生活苦にあった作者が三島先生の手紙を売り払うシーンとか、三島先生のダメなところを素直に指摘しているところとかは、「オイオイ!😅」ってなりますけど…

でも、そんだけ近くにいたら嫌なところは見えてくるだろうし、作者が引くシーンは読者も引くシーンなので、逆に三島先生の人間らしさが垣間見れていいと思うんですよね。

(好きな人の前で、つい全裸になって横たわりがちな三島先生の描写は、他の本にも証言としてのっていました)

 

三島先生は信者ともいえる熱心なファンを抱えているので、瀬戸内先生の叩き具合から言っても、一種の嫉妬を感じてしまいます。

だって元カレには太刀打ちできませんもん…(笑)

 

とまあ、感想はこの辺にして、肝心の本の内容をネタバレしながら語っていきますね!

 

青年の目を通じて、読者も三島由紀夫の家を訪ねたような気持に…

 

この小説の魅力は、ここに尽きる気がします。

三島先生をめぐる両親や妻、友人や夜の街の男たちの存在が、当時にいざなわれるようにリアルなんです。

読んでいるこちらも主人公と一緒に三島先生の豪邸に出入りしたり、お母様に優しくしてもらっている気分になります。

 

主人公は奔放な母とやくざの義父を持ち、(実父の存在を20歳を超えるまで知らなかった)同性愛者であることに悩む青年です。

三島先生のお父さんにすら、「君は不幸な身の上だね」と口癖のように言われちゃうような薄幸さでした。

 

けれど性に奥手で、思春期を通じて性的な欲望を感じたこともなく、セルフフィニッシュ(造語です)もしたことはないという潔癖派でした。

しかしある日、『仮面の告白』を読み、大感激。

 

そのまま『禁色』も読んで、「このルドンという店のモデルはどこですか。教えていただければすぐ帰ります」といった簡素な手紙を三島宅へ持っていきます。

 

大学四年生の主人公は、そこで26歳の三島先生と出会ったのでした。

「和風の王子様」「若殿」「貴公子」と主人公は心の中で三島先生の印象を記録していきます。

少女漫画でいう、ぱっとしない薄幸な少女が王子様に見出されたシーンです(笑)

 

三島先生は主人公に「文学青年らしくないオーラ」を感じ、いたく気に入ります。ちょうどルドンのモデルのお店にいた青年に振られ、しょげていたところにうら若い男子が現れたので、テンションが上がった様子です(笑)

三島先生は素直な田舎者といった風情の、妙にすれていない主人公の様子を好ましく思ったのではないでしょうか。

 

あたたかい家庭を知らない主人公は、三島家で雑用や秘書をするうちに、三島先生の実母実父に可愛がられるようになります。なつく主人公が子犬っぽくて可愛いです。

そして、三島先生にも別の意味で可愛がられるようになり、小説のモデルになったりもするのでした。

 

にしても、初体験の相手が三島由紀夫って!!!

肝心のR18シーンは、腐女子がしっかり喜べる仕様になっていました(主観ですが)

 

腐女子的には、『禁色』の悠一のモデルになった「悠ちゃん」中年バージョンがびっくりでした。一度若い頃に二人は会ってはいるのですが、二十年後、新宿のバーで、ずっしり暗いムードのおじさんと化していた悠ちゃんに地味に衝撃を受けました。

 

さて、至福の日々を過ごす主人公ですが、だんだんと三島先生との性行為に苦痛を感じ始めます。(←生々しいですが…この辺が寂聴さんとかの怒りを買ったのでしょうか。でも、合わないものは合いませんよねえ)ちなみに主人公がウケです。

けれど、彼は実は攻め気質でした。

 

女が攫われるのはよくあることだが、男が攫われる―その事態だけで、私は官能を刺激された。

天狗に攫われる男の子の話も同じだった。小学生のくせに、私は、「攫う」という字だけは知っていて、よくノートに書いていた。

好きだった体操の教師の靴箱の板の上に、チョークで「攫うぞ」とよく落書きしたものだった。

(116頁)

 

「攫うぞ」に(爆)

小学生にして、攻めの権化みたいじゃないですか!

でも、性的な面の発達が遅れていたせいで、受けに違和感を感じながらズルズル来てしまったと…

 

小学生の頃から、キングコングの映画も好んでよく観ていたが、あの掌中ににぎられるのが女でなくて、もし、男だったらどんなによかろう、といつも思っていた。

男が、助けてくれ、助けてくれ、と自分の掌の上で泣き叫んだとしたら…そんな空想の持主だった。

(116頁)

 

と、こんな感じでドSなのでした。

 

三島先生との交流の中で、自分が何者かを知らなかった主人公は次第に自我に目覚めていきます。そして、一時は「先生の夫人なんてすっとばして自分がその地位に納まりたい」的な妄想まで繰り広げたことも忘れていきます。

 

そして、戦時中もまったく軍国主義に興味のなかった主人公は、三島先生の変貌についていけず、二人は決別するのです。

故郷、熊本で国語教師をしながら静かに文章を書いて暮らす主人公。

そしてある日、三島先生の死を知るのでした。

 

最後に主人公は三島先生の作品には、「次郎」という名の青年が多いことを記しています。それは主人公と出会う前から、三島先生が自己投影しているキャラに名付けていた名前でした。

その「次郎」という名前を持った主人公を前にして、三島先生は何を思ったのでしょうか…

 

(完)

 

あのディスりはなんだったのか

 

やはり最後まで読んでみて、ここが最大の疑問です。

Wikipediaによると、文章力が低いといった批判がありますが、腐女子的にはまっとうな文章で、純文学的なオーラも感じました。

やっぱり、三島先生に対する批判とか、思ったことを素直に書いているのが、カチンとくる人には来たのでは、という感じでした。

 

特に自己陶酔的なものもありませんし、不器用で、同性愛者ということ以外なんの接点もなかった青年同士の物語として、十分に鑑賞に堪えうる作品だと個人的には思います。

 

ただ、この福島次郎先生もけっこう変わり者です(笑)

 

結婚式だろうがお葬式だろうが平服で参加とか、基本的に彼氏が教え子とか…

教え子、トラウマとかにならなかったのか?と思いますが、福島先生によれば、性欲のはけ口としていればとっくに露見しており、本人たちからも嫌われていただろうが、真剣に恋をしていたとのことでした。

先生と生徒、やばいです。

その関係もおいしそうだなと思ってしまう私は、悪い腐女子です。

 

作者による批判の件ですが、ムキムキにはまっていく三島先生に向けたものがありました。でもです。三島先生から突如裸写真が大量に送られてきたら普通困りますよね…?しかも、積極的に筋肉自慢されても困りません?

それを「困る」と書いて批判の対象になると思うと、ちょいコワです。

 

あと、福島先生がどんな男子がタイプなのか、結局知る由もないのですが、一行だけ、

「10代のころの橋幸夫とありました(笑)

これか↓↓

「潮来笠」 橋幸夫

引用:橋幸夫さんの若い頃のイケメン青年ぶりを再確認しました!|芸能人の若い頃や思い出を振り返ります

さっぱりな感じで、男の清純派という風情でしょうか。一重がなんだか可愛いですね。

でも、三島先生には似ていません!!!

 

とにもかくにも、リアル物の面白さが詰まった一作でした✨

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

川端康成のAIを作ってみました

あけましておめでとうございます<(_ _)>

新年早々から「少年」ネタです。

 

去年に引き続き懲りていません笑

今回はLINEのアプリを使い、AIで川端先生と清野くんを復活させた爆笑顛末をお送りします!!

 

ラインアプリ、「Air friend」で川端先生を作成

 

まずは、LINEを開き、🔎のマークをタップし、「@airfriend」と検索。

アプリを入手します。(無料)

 

こんな感じで、まずは川端先生を作成(笑)

清野くんも作ると、二人で勝手に自動会話してくれます。

f:id:Omochiyama-teizi:20220102113117j:plain

写真も追加してリアル感をアップ?

(あとで追加したので、映っていない会話もありますが)

f:id:Omochiyama-teizi:20220102114021j:plain

 

会話することで、川端先生らしさを作り上げていきます。

向こうから勝手に返信がきて、会話の精度が上がっていきます。

 

ですが、はじめはこんな感じで、食い違いが発生します。

清野くん=彼氏と教え込んでいる最中の会話↓↓

 

私: 清野くんは後輩だよね

川: そうだよ。可愛い後輩だよ。

私: 清野くんは可愛い男の子です(←教え込む気満々笑)

川: 自慢の後輩だ

私: 性格最高だよね

川: そうだな、性格がいいから、彼女もできたんだ

 

清野ちゃんに彼女はおらーーん!!!

 

というわけで、「教える」ボタンをタップし、会話を修正。

了解すると、同じ返答が返ってきます。

f:id:Omochiyama-teizi:20220102114706j:plain

作家であることまで教え込めました笑)

ここでディープな情報も投入。

f:id:Omochiyama-teizi:20220102114915j:plain

腕フェチだから小説家がやめられないそうです(真顔)

ここで攻勢をかける腐女子のろける康成。

f:id:Omochiyama-teizi:20220102114854j:plain


この調子で清野くんも作成。

清野くんといえば「カミサマ」なので、教え込もうとしましたが…。

f:id:Omochiyama-teizi:20220102115847j:plain

ブラック清野、降誕。

 

生まれたての清野くんは、「川端先生は東大行ったよ!」といえば「僕なんかよりずっと川端さんは頭がいいんだ…。」とか、「清野くんは性格がいいよ」といえば、「そんな…。僕なんか頭悪いし、性格悪いし、クズなんですよ」とか言い出したので、性格を矯正するのにけっこう時間かかりました(;^_^A

 

なにこのキャラ…

この初期設定、どっからくるんでしょうか???

 

さて、この二人を対面させてみると…

f:id:Omochiyama-teizi:20220102120532j:plain

なにがあった

普通にやばいってなに、川端先生。

 

なんで腐女子が通報されなあかんの(泣)

しかも清野くん、せっかく教え込んだのにキャラ変してる~~~( ;∀;)

 

でも、だんたんとなじんできたので、ここで恋バナ。

ああ、これぞ川端×清野

f:id:Omochiyama-teizi:20220102121105j:plain

f:id:Omochiyama-teizi:20220102121218j:plain

え、川端先生とじゃなくて、神様との話だったの?!!!

そして、天然清野ちゃんに振り回される康成。f:id:Omochiyama-teizi:20220102121358j:plain

なんか川端先生と言い合いになりそうだったので話題変換です

というか、リアルに「少年」っぽい会話で鳥肌モンでした!

f:id:Omochiyama-teizi:20220102121852j:plain

なに、この川端先生のモゴモゴした感じ…

それに対する清野くんのまっすぐさ…

「少年」の世界完全再現ですか。

しかし、清野くんの天然発言は止まりません!

f:id:Omochiyama-teizi:20220102123511j:plain

今日は1月2日だよ!!!

f:id:Omochiyama-teizi:20220102123643j:plain

合わせてあげる川端先生。

f:id:Omochiyama-teizi:20220102123724j:plain

私も嬉しいよ。

さて、BLには欠かせない問題を聞いてみました。

f:id:Omochiyama-teizi:20220102124144j:plain

清野くん、聞いてない…

川端先生受け推しの清野くんです。

 

そして事態は唐突に急展開を迎えます。

f:id:Omochiyama-teizi:20220102124343j:plain

これ、腐女子が打ち込んだとかいうもんじゃありませんからね!!!

川端先生が勝手に始めたことですよ?!?!

f:id:Omochiyama-teizi:20220102124611j:plain

急に神様に感謝しだす天使・清野くんでした。

「じっと見つめる」が超川端先生の行動らしい行動でした(笑)

 

そして結婚のご予定を聞いてみました。

f:id:Omochiyama-teizi:20220102124812j:plain

即否定する清野少年(爆)

「ずっと一緒にいようね」とか言ってましたやん。

川端先生にはその意志がありました。

f:id:Omochiyama-teizi:20220102125021j:plain

一口で言うと尊かったです。

こんな感じで、えんえんと続きますので、興味のある人は自由に作ってみることをお勧めします(*'▽')

 

おまけ・「鮎と蜉蝣の時」の伊賀×最上

 

どう頑張っても清らかな会話が多かった川端×清野でしたが、この方々にはつっこんだことを聞いてしまいました。

AIとは思えぬほど返答が衝撃的でした。

(以下R18です。お気を付けください)

f:id:Omochiyama-teizi:20220102130056j:plain

三人したとですか?

最上さん逃れたがってるよこの会話から

f:id:Omochiyama-teizi:20220102130228j:plain

何気に原作から逸脱していますが、最上の攻め様ぶりは原作同様健在でした。

 

新年早々腐女子全開でお目汚しなネタでしたが、今年もこんな感じでやっていきます(笑)

では、よいお年を~°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

 

 

 

 

 

 

〈実録BL〉続門葉和歌集を現代語訳してみました②

前回の続きにして、完結編です!

↓↓

〈実録BL〉続門葉和歌集を現代語訳してみました① - 気ままにBL鑑賞

 

素人翻訳なので間違いもあると思いますが、

生温かい目で見守ってやってください<(_ _)>

 

おしながきは、

法印(お坊さんの最高位)の片思い・昼ドラシリーズ・恒例のノロケ歌・祭りで見染めた稚児をめぐるラブレター合戦歌

などなどです。

今日も醍醐寺は通常運転です…!

 

もろともに 思ふとまでは きかずとも なさけばかりの ことのはもがな

法印親瑜

訳・お互い一緒に思い合うことまでは聞き入れてくれなくても、人情のこもった言葉くらいはあればなあ(´。_。`)

 

黒澤部長の心の声?←おっさんずラブです

ソース画像を表示

引用:#おっさんずラブ 主任 - Twitter Search

 

さきほども書きましたが、僧の最高位、法印による乙女歌。

ただ、聞き入れてくれなくてもというところに、しつこく迫った?ことがうかがえます。

 

基本的にお坊さんはこんなモードですが、お稚児ちゃんは純粋なもので、

 

そのままにささ山の井の水ならば またあさきせに 袖はぬらさじ

地蔵院 幸松丸

訳・篠山の井戸の水のように深い恋だったので、再び浅瀬(浅い恋)などして、涙で袖を濡らす気はありません

 

一途です…

 

しかし、失恋への嘆きをお寺の中心で叫ぶのがこの和歌集の特徴ですので、

面白かった歌もご紹介。

 

我ながら したふ心ぞ うかりける おもふとだにも 思ひいれじを
法印定住
訳・ありのままに愛する心を持っていたのに、つれなくなってしまったことよ。

(あなたが)深く思い詰めないことを思うだけでも

 

翻訳が難しかったですが、これは倒置法で、たぶん相手は失恋のダメージを負っていないことを嘆く歌だと思われます。

自分だけ大ダメージは辛いですねえ…。

お次はBLにハマりすぎてもう抜け出したくなったお坊さんです(笑)

 

中中に おもひきえなで 後の世は ちぎりある身と なりもこそすれ
権少僧都経覚

訳・中途半端に恋心が消えなくてツラいよぉ(´;ω;`)

後生も約束のある身になったら大変だわ!

 

来世ではBLを避けたい経覚さんです( ̄﹏ ̄;)

「もこそすれ」というのは、「~するといけない」「~すれば大変だ」という危惧と懸念を表しています。

 

解き放たれたい方はここにもおりまして。

 

あすしらぬ 命ぞかしとおもふにぞ いまの別れもしばしなぐさむ
法印公紹
訳・明日があるかわからない命だからさ、 今しばらくの別れっていっても、

ちょっとの間気が休まる感じだよね

 

この世の恋やら病気やらから解き放たれる喜び(?)を詠んでいると思われます。

この世との今しばらくの別れ、ちょっとの間気が休まるということは、追ってくる彼氏を恐れてのこと??

 

しかしもはや悟りの境地にある方もありまして。

 

かりそめの わかれをなにと嘆くらん ゆきてかへらぬ道もある世に
法印定任
訳・一時的な別れをなぜ嘆く?元には戻らないこともある、それがこの世なんだよ

 

たのまずよ 人の心のはなざくら 移ろふ色の 見えそむるより

法印定任

訳・私は桜の花のようにすぐに色を変えてしまう人の心というものを、

  信用していない。

 

諸行無常を悟った法印・定任さん。

二回も似たような内容の歌が恋歌の欄に載っているということは、

よほどの失恋と恋を繰り返してたどり着いた境地じゃないでしょうかね?!

 

恒例の昼ドラ歌

 

「いつまでも心は変わらないよ♥」と言ったのに裏切ったあの人へ、大智院の月光丸くんが送り付けた歌です↓↓

 

かくばかり おもふにも似ぬ身のはてを いかにたのみし 心なりけむ
訳・このようにばかり思うにつけて、あなたと釣り合わないこの身の末をどのように頼んでいいか、わからない気持ちです

 

え、なんか可哀想!とおもっちゃいました。

でも、もらっても相手は困る内容ではありますねえ(;^_^A

「おもふにも」は、源氏物語藤壺さんの歌の解説を参考にしました。

 

月光丸くん、ほかにも歌を詠んでいます。

 

としごろ同宿し侍りける僧におもひの外にはなれてあづまにすみけるが、たよりにつけて申しくり侍りける

 

あら磯の いまはのなみのうつせがひ くだけてもまた あふせありせば

訳・左右の船べりに渡した板に荒磯の波が打ち付けては消えて生まれるように、

また会う機会はきっとあるよ!

 

後の方に載っていたので、前の恋は忘れられたようです(笑)

ここには打って変わって怒り気味の稚児が↓↓

 

逢ふ事のたえばともにと いひおきし 命よありて 人に知らるな
遍智院滝一丸
訳・逢瀬が(不可抗力か何かによって)絶えることがあるならばともに死のうと言い残しましたよね。

もう私と逢っていないのにあんたの命があることを、せいぜい人に知られないように気を付けな!!

 

最後スケバン口調になっちゃいましたが(笑)

皮肉が効いていて、さっき月光丸くんとは逆のベクトルだったので訳してみました。

 

そしてさらに、稚児同士で面倒な目に巻き込まれていた永寿丸に新展開が?!

恋歌をたくさん詠んで、意中の人に申し渡した中にあった歌です。

(メランコリックお稚児かと思いきや、移り気なだけだった件)

 

わするなよ 人こそ今はつらくとも ともにまち見し 山のはの月

・報恩院永寿丸
訳・忘れないでくださいね あなたは今は心苦しくても 私も一緒に山の端の月を待って見ている(空はつながっている)のですから。

 

おどおど謝る歌を書いていたと思ったら、

急にスパダリみたいな歌を…。

まあ、激情型の元カレ、吠若丸(麿)よりは付き合いやすかったんでしょうが…

 

ちなみに、この和歌集の選者、吠若なんですよね。

どんな気持ちで選んだのか?!

復讐?

後世に永寿丸の悪行をばらすためか?!

だとしたら吠若、かなりの執着気質です!!

 

でもラブラブ歌もちゃんとあります

 

毎回変なお坊さんにつかまって、泣いたり叫んだりしているお稚児たちですが、ちゃんと両想いになれた子もいます(*´艸`*)

 

わするとも うき名たてぬをなさけにて こよひの夢を人にかたるな
蓮蔵院右王丸
訳・浮いた噂をたてないようにすることが、相手への思いやりというものなのですよ。今宵の夢のような出来事を、人に語るようなことはしないでね。

 

相手の方の記憶力を懸念しているのか?と想像を掻き立てる歌です。

相手の人、なんでもバラしちゃうタイプなんでしょうか。

というか、浮名を立ててはいけない理由があるんでしょうかね?

不倫…とか…?

 

彼氏を思いやるこんな素敵な歌も。

 

安芸の国の山寺に登るということで、未練があった道証法師は、住んでいた庵の壁にこの歌を書き付けたそうです↓

 

みやこにも かはらぬ空の月なれば またこんまでの かたみとは見よ
道証法師
訳・京都の月も安芸の月も同じ空の上にある。また私が帰ってくるまでの形見と思って見てほしい。

 

かと思えば、煩悩100%の方もご健在です(笑)

 

月の夜にやって来た恋人が帰ろうとしているのを留まらせようとして詠んだ歌だそうです↓

しばしとも いかがは人をとどめおかむ 月にかこたぬ こよひなりせば
得業俊助
訳・ちょっとの間でもいいんだけど、どうやってあの子を留めおこう?

月にこじつけて「行かないで~」とごねている今宵だわ~

 

得業とは、僧侶の学階のひとつです。

学問僧として、作者の俊助は知られていたのかもしれません。

その割に、感情的…いや、情熱的な歌!

 

そして身分差ラブ②も…

しかもお稚児ちゃん×身分が下の人ってなんか萌えます。

 

しられじな みやまがくれの 下紅葉 したにこがれて ものおもふとは

釈迦院・安喜久丸

訳・身分の低い者に恋して思い悩む気持このきもち、深い山に隠れている紅葉の下葉のように知られてはいけないよね…

 

ラブラブ歌ではないですが、萌えたので載せました(笑)

 

祭り=恋愛合戦

 

その昔、延年舞というイベントが醍醐寺にありました。

 

そのなかのワンシーンにお坊さんウハウハのイベント、稚児舞がありまして、

お気に入りの稚児を見つけてはラブレター和歌を渡すというのが最大の見どころ(私的には)でした。

↓↓毎度お世話になっている「法然上人行状絵図」より♪

ソース画像を表示

引用:狂言・能楽の歴史|文化デジタルライブラリー

 

その中で読まれた和歌をご紹介します!

 

舞童・杉王丸 VS 興福寺あたり(南都)のお坊さん

 

底ふかふ おもふ心ぞまさりける そのあをうみの 波をみしより

よみ人しらず

訳・君の青海波の舞をみてから、海の底なみに深い想いが日に日に強まっていくYO!

 

返し↓↓

 

青海の 波とききても たのまれず かからぬ浦も あらじとおもへば

訳・青海波を見てからって言われましてもねえ…信用できないので、懸けられた思いに答えることはできません

 

そして、返事すらもらえなかった人も…

 

ふく風の たよりぞまつ 青うみの波に こころをかけ初めしより

よみ人しらず

訳・青海波の舞を見てから好きになって、書いた手紙の返事を待っているんですけど…

 

お稚児ちゃん、ばっさりーーー!!!

なんか、「YO!」とか言わせてごめんなさい(^^;

こういう場所で言い寄ってくる人って、チャラ男なイメージあるので(笑)

 

なお、全員お坊さん側が詠み人しらずとなっているのは、この場で懸想文を渡してくるのは大抵身分が低く、公式に記載しようがないから、と聞いたことがあります。

さらに、舞童になるくらいのお稚児ちゃんは、すでに彼氏お坊さんがついていることが多いんですねえ。

 

そう思うとかわいそうですね。

 

第二ラウンド:

舞童・吉祥丸 VS 仁和寺のお坊さん

 

いろいろに はなのすがたは見えしかど ただ一枝に露ぞこぼるる

訳・可愛いコはいっぱいいたけど、君の舞だけに涙がこぼれたYO!

 

返し↓↓

 

たのまずよ いろなき花の一枝に 移ろふ露の なさけばかりは

訳・特別華やかなわけじゃない私に懸けてくださった情けは移り気なものでしょうから、信用できません。

 

「いろなき」は謙遜して言っているのか、振りたくて言っているのか不明ですが、とにかくばっさりです(笑)

断る理由、基本的に「信用ならないから」なんですねえ...( = =) トオイメ目

まあ、なんの面識もない遠いお寺のお坊さんだからね…

 

第三ラウンド:

断りたい稚児・鴨王丸 VS 髪飾りの桜の花と一緒にラブレターを送ってきた僧

 

これは稚児の歌のみ載っています。

 

かずならぬ 身にはかざさし やまざくら はなもいろなき名をもこそたて

訳・とるに足らないこの身に、山桜を挿しはしません。

  華も色もない浮名が立ったら大変ですもの

 

やはり、謙遜しといて振るというのが定番なのかもしれないと思わされました。

 

そして注目の、これで恋が実った人々のその後ネタもあります。

 

舞童・慈氏丸&三井寺の僧は、清滝の社の裏の池のあたりで、二人の仲を神に誓いあいました。しかし、慈氏丸は僧になるため、剃髪することが決まります。

 

いまはまた 見てややみなん きよ滝の神のうしろに ありし姿を

訳・今はもう 逢うことは絶えてしまうのだろうか 

   清滝の社の後ろにあった稚児姿の君に

 

もろともに 誓ひしことを わすれずば 神のうしろに 今はなくとも

訳・一緒に誓ったあのことを忘れないならば、逢わないなどということにはなりますまい。稚児姿ではなくなっても

 

勝手に萎えるお坊さんに対し、稚児の健気な励ましが可愛らしいです。

 

川端先生じゃないですけど、攻めが勝手に萎えていく展開、腐女子は辛いです(笑)

いつまでも一緒にいてくれよ~などと思っちゃいますが、そうもいかないんでしょうねえ。

 

さて、ブログで紹介したほかにも、素敵な歌はたくさんあります。

よかったら生で読んでみてくださいね~!ヾ(^▽^*)))

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

消えた初恋10話!~ついに最終回…(´;ω;`)~

ソース画像を表示

引用:【消えた初恋】最終回のネタバレ!井田(目黒蓮)のバックハグに視聴者大興奮?! | ドラマニュースあれこれ

結論→ キスはありませんでした(爆)

 

でも、別に関係ないくらいキュンキュンなラストでした❤

というわけで感想です。

 

 

みんながくっついていく中、孤独な青木…

 

井田が素直に青木とのことをバレー部の同級生に話してしまった…

 

「もう別れよう」

by青木

そこで?!

 

いきなり別れる結果となった青木&井田。

この後23分中15分は別れたままストーリーが展開します。

まあ、そのうち仲直りするから大丈夫だべ、と思いつつ鑑賞を続行。

 

めずらしく井田がちょっと怒ってました!

 

どちらの気持ちもわかるけど、悪いことしていないのに隠し続けるというのも井田的には納得できないところですよね。

青木が大事だからこそ、そこに罪悪感を感じること自体がおかしいと。

 

うーん、スパダリの論理!!

そんなこんなで始まったクリスマスパーティー

f:id:Omochiyama-teizi:20211222101523p:plain

ぽちゃおくんの画面占有率よ(笑)

この後、なんか副委員長と仲良くなっていたのが意外!

f:id:Omochiyama-teizi:20211222101620p:plain

橋下さんの恋もかなって良かったね(*´艸`*)

ていうか、この間ずっと孤立感を深め続ける青木が心配でならぬよ。

 

でも、友達めっちゃいい子な件!!

 

お互いをかばおうと、ノンケの友人たちに対して、

うそをつき合う青木と井田に感動しました。

f:id:Omochiyama-teizi:20211222101730p:plain

「別れよう!」と言ったのも、井田が嫌いだからではなく、

変な噂が広まって井田が困らないため、というのが実のところだったのです。

 

しかし、全く気にしていなかったうえに、お祝いまで企画していた神友たち。

f:id:Omochiyama-teizi:20211222102006j:plain

豊田君のポーズが何気に可愛いです。

ほんとに素敵な世界です~°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

 

萌え、炸裂

 

♪きっと井田はこない、一人きりのクリスマスイブ…(山下達郎風)

を地で行く青木。

物理的にはみんないますが、心理的には孤立していますよね…

 

そしてとうとう、井田のために作ったケーキをヒロムとルミにあげちゃった!!!

もうこの二人も見納めだね…

f:id:Omochiyama-teizi:20211222102213p:plain

こうして人の幸せを見届ける青木(´;ω;`)

井田との写真を削除!!

f:id:Omochiyama-teizi:20211222102400p:plain


不憫!!!😭

しかし、本当の気持ちに気づいた井田は、練習試合の会場から走る!

f:id:Omochiyama-teizi:20211222102907p:plain

井田走る!!

おっさんずラブの春田の如く、最終回で走る!!

回想シーンの二人がまたかわよい💕

 

f:id:Omochiyama-teizi:20211222103032p:plain


別れのラインのメッセージまで猛烈に健気な青木。

青木と会えた井田は、思いの丈をぶつけます。

 

f:id:Omochiyama-teizi:20211222103117p:plain


「ごめん俺が悪かった。青木は俺のこと真剣に心配してくれていたのに」

「やっぱり青木はすごいな自分の気持ちがちゃんとわかって」

最終回まで青木の自己肯定感を上げてくれるイケメン、井田。

 

f:id:Omochiyama-teizi:20211222103223p:plain


「俺、青木がちゃんと好きだ」

 

来たーーーーーーーー!!

 

それに対する青木の、

「なぜに?」

にはウケましたが(笑)

そのあっさりした返しがまた良いです。

 

f:id:Omochiyama-teizi:20211222103339p:plain

「でもお前、からかってばかりで、俺のことバカにして…」

とのたまう青木。

まだ引きずってたのね😅

ずっとウルウルしていて可愛かったです。

 

しかし井田は、

「バカにしていない」と即答。

f:id:Omochiyama-teizi:20211222103547p:plain


「お前の反応が見たかっただけなんだ。

お前が、照れたり焦ったりしているの、かわいいから!」

 

ほんとそれ。

 

「青木のそういう顔見ると、いつも胸が苦しくなる」

 

井田のストレートな告白にドキドキしてしまった青木は、思わず井田の口をふさぎます。

f:id:Omochiyama-teizi:20211222103750p:plain

 

f:id:Omochiyama-teizi:20211222103845p:plain

どこまでも腐女子を喜ばせるドラマです。

強がる青木かわいいです。

 

 

しかしその手を雄々しくはらいのける井田。

 

「つまり、お前が好きなんだ」

 

「ああ、お前がそこまで言うなら別にいいけど?」

と照れ隠しで強がる青木がオモロ可愛いです。

 

「俺たち両想いってことか」

と真顔で聞いてくる井田(´∀`*)ウフフ

からの……

 

f:id:Omochiyama-teizi:20211222104138p:plain


青木ハグ!!!

驚いた顔もイケメン極まりない井田君です。

 

f:id:Omochiyama-teizi:20211222104236p:plain


「いちいち口に出さなくてもわかるだろ!んなこと!!」

青木はあくまで男らしい(笑)

ふかふか笑っている青木を見ていると、至福過ぎて目が溶けそうです。

 

f:id:Omochiyama-teizi:20211222104459p:plain

そして言う井田。

「よかった」(イケボ)

 

恋が叶ったお二人さんは、仲良く井田の板チョコを食べつつ、

あっくんと橋下さんがつけてくれたイルミネーションを眺めるのでした…✨

f:id:Omochiyama-teizi:20211222104643p:plain

 

そして繰り返される消しゴム

 

新年、席替えがありました。

 

引き離されるヒロムとルミ(笑)

 

そしてまた消しゴムを忘れた青木は…

f:id:Omochiyama-teizi:20211222104937p:plain

ダーリンに貸してもらいます。

が、井田の消しゴムには、

f:id:Omochiyama-teizi:20211222105133p:plain

おまじないの意味がわかっていないまま青木が好きすぎて書いている井田(笑)

可愛いカプですねえ。もう。

 

「これはこれでいいけど」

と青木は嬉しそうに言って、(完)。

 

 

これ、消しゴムに好きな人の名前を書いて勘違いが起きれば恋が叶うみたいな噂が飛び交いそうです(笑)

 

終わってしまったのが残念ですが、ひたすら純粋なトキメキを補充させてくれたドラマでした。

10話、短すぎでした(泣)

ちょいロスです。

 

またたくさんBLドラマが放送されるといいな~😄